建築業の求人が今注目されているのは何故か

今、建築業界は全般的に人手不足と言われています。東日本大震災以降、復旧工事や仮設住宅の建設などが続き、今後は東京オリンピックに向けた建築も増え、求人数も多くなっています。たくさんある建築業の求人だからこそ、自分に合った環境や条件をしっかりと選びましょう。注目すべき理由は、それだけではありません。建築業では、新卒者よりも既卒者の募集が多いのも注目すべき点です。一口に建築業界といっても、職種はいろいろあります。クレーンの操作、鉄骨の組み立て、現場監督、費用調整などの事務作業、電気や水道などのライフライン設備の建築などなど、幅広いジャンルがあります。建築業界を志望しているなら、日ごろからこまめにチェックをして、希望に近い職種を登録しておくなど、多くの求人情報から比較して選択しましょう。

建築業は職人不足による雇用促進のため、求人も多い

建築業界の求人増加は、若年層の在職者減少にも原因があります。なかなか若手の定着がないため、高齢化が進んでおり、職人不足の状態です。若年層の雇用促進に取り組んでいる建築業界では従業員の待遇の改善が進んでいます。特に長時間労働、給与水準、福利厚生の面において多くの事業者が改善の方向に向けて動き出しています。また、労務費を抑制し、待遇改善につなげるために、工期の短縮化や省工数化を導入しているところも増えてきました。省工数化の主なものとして、工場でコンクリート部材を事前に製作しておく「プレキャスト・コンクリート工法」や、鉄筋部材を先に組んでおく「鉄筋先組み工法」、基礎の部分にラス型枠や鋼製型枠を使用し、解体の手間を省くなど、さまざまな工夫により、職人の手間を大きく削減しています。

建築業の求人は、中小企業も見逃すな

雇用促進に取り組んでいる建築業界では、大手建築業界にも見劣りしない求人内容が多く見られます。特に中小企業では福利厚生の強化に取り組み、若年層をターゲットに人材確保に乗り出しているところです。そういった条件のよい企業を見つけ出し、ぜひ応募してみましょう。特に建築業での経験がある方なら、即戦力として期待されることから、少々条件を上げてでも採用したいと思っている企業も多いでしょう。将来を考えても比較的仕事に困らない業種でもあることから、一定期間勉強と経験を積むために建築会社に勤め、その後独立して活躍するといった道もあります。求人情報の見方としては、会社の所在地と勤務地が全く別であることがほとんどです。現場となる場所が遠く離れた場合もありますので、気を付けてチェックしましょう。