合宿免許での過ごし方を解説します

合宿免許は約2週間という短い期間中に運転技術や知識を習得しますが、1日に受けることのできる技能教習には上限があるので、どうしても空き時間が出来てしまいます。宿泊施設に戻ってからもネルまでに時間があります。このため、教習以外の活動を行う時間もたくさんあるのです。運転免許を取得するという目的があり、最初の1週間で仮免検定で学科試験に合格しなければなりませんし卒業後すぐに運転免許試験場で学科試験に合格できるために勉強をしなければなりません。学科試験の勉強以外にも合宿免許の期間中には多くの事を行う時間が十分にあるので、普段の生活ではできないような活動を行うことができるのです。合宿免許で空き時間や寝る前の時間の過ごし方についてですが、必ず行わなければならないことと、レクレーションなどの付加的な活動に分けられます。

合宿免許で行わなければならないこと

合宿免許の期間中にはどうしても行わなければならないことがあります。
仮免検定の学科試験に合格しなければ仮免許を取得して第二段階の教習に進むことができません。卒業後には運転免許センターで学科試験に合格しなければなりません。運転技術(技能)は短期間で集中的に習得ができる合宿免許の方が有利ですが、学科試験の勉強は教習期間の長い通学教習の方が有利です。このため、教習の空き時間や合宿所に戻ってから学科試験の勉強を行う必要があります。
他にも生活のために必ず行わなければならないことがあります。
例えば、衣類の洗濯をしなければなりません。合宿免許で使用する合宿施設やホテルには必ずコインランドリーまたは無料で利用できる洗濯機が設置されています。洗濯をすれば数日分の着替えを持参するだけで済みます。

合宿免許期間中を楽しむ活動とは

教習の空き時間や晩の時間には学科試験の勉強ができますが、練習問題を解いて合格点が取れるようになると飽きてしまいますし、自動車の運転の事ばかり考えるとストレスがたまってしまいます。さらに、学科教習や技能教習(自動車の運転)はさほど体力を使わないので運動不足になりがちです。このため体を動かしたりストレス解消のための活動も行うことができます。
合宿免許の保証範囲には年齢制限があるので、おのずと同年代の教習生が集まる傾向があります。そのため、他の教習生と一緒に食事に出かけたりスポーツ活動を行ったりすることができます。
1人で周辺の観光スポットを訪問したり、食べ歩きを楽しんだりすることも可能です。教習所によっては近隣の温泉施設やレジャー施設などの無料チケットや割引券の配布を行っている所もあり、観光旅行を味わうこともできます。
ストレスを解消して教習に集中するためには気分転換も必要なのです。